⇒kindleはこちらから

【2月発売 小説カレンダー】早川、創元、ちくま、河出、小説&文芸書をまとめました

286 views

2月に発売される小説、文芸の本のおススメをピックアップしました。
早川文庫、創元文庫、河出文庫、ちくま文庫を中心にまとめています。

再生 角川ホラー文庫ベストセレクションはマストバイ案件!他、悪魔が憐れむ歌: 暗黒映画入門 なんかも気になりますね

3日発売

いじめられっ子の少女にある日突然、絵文字だけの謎のメールが届く表題作など8篇を収録する単行本『生まれ変わり』二分冊第二巻
混血のボビーは、黒人のアイデンティティーを隠し、白人としてやり過ごしてきた。しかし、出所したばかりの白人の親友が起こした黒人青年へのヘイトクライムに、不本意に関わってしまったことをきっかけにー

8日発売

宿縁に導かれた八人の犬士が悪や妖異と戦いを繰り広げる雄渾豪壮な『南総里見八犬伝』の「虚の世界」。作者・馬琴の「実の世界」。鬼才・山田風太郎が二つの世界を交錯させながら描く、驚嘆の伝奇ロマン!
地下鉄サリン実行犯の死刑囚Yと交流する作家の「私」。真実を追ううち、自身が制御できなくなり…衝撃のノンフィクション・ノベル
自然の中に潜む美しい形や奇妙な模様に秘められた「数学的な法則」とは何か? 自然界の美を支配する数学の秩序を図入りで解明する

10日発売

物的証拠から過去の行為を復元する考古学は時に歴史的通説をも覆す。犯罪捜査さながらにスリリングな学問の魅力を味わう最高の入門書
「翻訳をする」とは一体どういう事だろう? 引く手数多の翻訳家とその母校の生徒達によるとっておきの超・入門書。スタートを切りたい全ての人へ
1960年代末、白土三平、つげ義春、佐々木マキ、林静一らが活躍した雑誌「ガロ」。活気ある現場や人々の姿を描く貴重な記録。巻末対談・つげ正助
とある会社の総務課を舞台に、社内外で起こるドタバタ事件をほのぼの、ユーモラスに描いた13編の連作からなる昭和のラブコメディ
カネ、カネ、カネの世の中で、ムダで結構。無用で上等。爆笑しながら解放される痛快社会エッセイ。文庫化にあたり50頁分増補
中世後期は商業的統合と市場拡大が進展した時代と言われる。厳密な歴史分析とゲーム理論を駆使して、政体や経済の動態的変化に迫った画期的名著
〈重力〉をめぐる関係性の転換こそが、普遍必然的で自己完結した自然認識としての力学を形成した。上巻は、ケプラーからオイラーまでを収録
西欧でどのように動物や植物の観察が生まれ、生物学の基礎となったか。分類体系の変遷、啓蒙主義との親和性等、近代自然誌を辿る名著
物的証拠から過去の行為を復元する考古学は時に歴史的通説をも覆す。犯罪捜査さながらにスリリングな学問の魅力を味わう最高の入門書
『東海道膝栗毛』を気取って旅に出た葛木家の六ツ子たちは、謎の追手に追われる二人の美少年を助けたことで陰謀に巻き込まれ……
黒船騒ぎに大地震、騒動絶えない江戸の町。神田明神近くにある瓦版屋〈早耳屋〉の娘・お花が見聞きする、耳寄りネタの真相とは!?

12日発売

過剰共感能力を持つ者の体質を活かし、依頼人の記憶を第三者にもわかるように再構築する“記憶翻訳”技術を開発した企業〈九龍〉。そこで記憶翻訳者として働く珊瑚は、ある仮想空間コンテンツ内に自分宛のメッセージを発見する
「このミステリーがすごい!」トップ10にランクインした、鉄道ミステリの傑作!(単行本『開化鐵道探偵』改題・文庫化
戦後ロンドン。スパイ活動のスキルを持つアイリスと、人を見抜く優れた目を持つ上流階級出身のグウェンが設立した結婚相談所の会員が殺されて……。爽快な新シリーズ始動

17日発売

リスベット・サランデルは姿を消していた。だが、ミカエルには彼女を再び探す理由が……。世界を揺るがせた六部作、ここに終幕!
2280年、地球では人類の巨大ロボと異生物の戦いが繰り広げられていた――Facebook社も注目する、話題のVRゲームをノベライズ!
カムチャツカの街で幼い姉妹が行方不明になった。事件は半島中に影を落とす。2人の母親、目撃者、恋人に監視される大学生、自身も失踪した娘をもつ先住民の母親……女性たちの語りを通し、事件、そして日々の見えない暴力を描き出す
知人の懇願を受けてライツヴィルへと赴いた名探偵エラリイは、奇怪な脅迫事件に巻き込まれ……
冷戦下、FBIで働く黒人女性のマリーは、ブルキナファソのカリスマ的リーダー、トマ・サンカラを罠にかける任務を言い渡される。しかし、スパイとしてサンカラに近づくうちに、彼女の信念は揺らぎ始め……
過疎の村で全裸の少女たちに遭遇した統計分析 官の【数宝数成/すうほうかずなり】は、訳が分からぬうちに国家を揺 るがすサイバー犯罪者に仕立て上げられ……
庶務省総務局、経済インテグレート・サステナブル・ソリューション室の島崎室長と部下の中村君が手掛けるエレガントな政策提言
個展に出す予定の連作を火事で失った若手画家。大物アーティスト集団のスタジオを間借りした彼女は、彼らの闇を覗き見てしまう
蒸気機関と錬金術の産業革命で近代化を果たした、19世紀英国。売れない小説家の「私」は〈幻燈種〉ポーシャとアヴァロンへ旅立つ

20日発売

爬虫類学者の父と、本屋を営んだ母。かつて暮らした家には蛇が住み着いていた。幽霊、粘菌、オオカミ、ハリケーン……自然との境界で浮かびあがる人間の意味を物語性豊かに描く11の短篇

22日発売

第4巻は「回答」「猫泥棒」などショートショートの名作を収録
『もう年はとれない』のバック・シャッツ・シリーズ最新作
大人気の修道女フィデルマシリーズ第七弾
終戦から間もなく、横浜の安宿で死体となって見付かった隻腕のピアニスト。彼の遺した楽譜に仕組まれていた、美しくも哀しい暗号とは
老人介護施設に入居している元書店主の部屋は、彼の愛する本で埋まっていた
激動の幕末で起きる不可能犯罪を描く著者初の長編ミステリ
。──さて、犯人は誰か? 豪華作家陣が贈る犯人当てアンソロジー
黄金の留め針はどこからきたのかしら? 水晶玉を覗いたら、見えたのは密林にそびえるピラミッド!?

24日発売

風変わりな若い妻を迎えた男。 秋の新婚の旅は〈夜の宮殿〉その他の街を経て、機械の山へ。 圧倒的なイメジャリーに満ちた驚異と蠱惑の旅のものがたり

25日発売

1993年4月の創刊以来、わが国のホラー・エンターテインメントとともに歩んできた無二の文庫レーベル、角川ホラー文庫。その膨大な遺産の中から、時代を超えて読み継がれる名作を厳選収録したベストセレクションが登場
近代は何を狂わせたか――江戸川乱歩・小栗虫太郎・夢野久作ほか、探偵小説がいかに〈狂気〉を描いたかを読み解き、時代に潜む文化と制度の裡面、そして文学によってなされた企みを明らかにする文学論

26日発売

忘れたいことがある。忘れられないことがある――福島から語られる「いま」の声は、死者の声を響かせながら、未来へと向かう。『想像ラジオ』の著者による、21世紀の『苦海浄土』

27日発売 竹書房怪談

胴元

胴元

読書会ポッドキャスト『ハードボイルド読書探偵局』をやりながら、kindleのセール、新刊情報を中心にいろいろな本の紹介を行うニュースサイトです。好きなジャンルはSF•怪奇幻想。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事