amazonで買い物するならこちらから

【ポッドキャスト】平成怪奇小説傑作集2

平成怪奇小説傑作集のポッドキャストです。

平成怪奇小説傑作集とは?

平成が終了後、速攻で時代の総括を決めこんだ、
令和のモダンクラシック怪奇小説アンソロジーです。

編集された東雅夫さんのブログはこちら
Twitterはこちら

関連 平成怪奇小説傑作集1のポッドキャストはこちら

Amazon紹介⇓

仄暗い土俗の闇から浮上する怪談文芸。時を超えた地霊の囁きに耳かたむける作家たち。天空から飛来する恐怖の大王(テロリズム)が全世界を戦慄させた、二十世紀から二十一世紀への巨大な転換期にあって、平成日本の怪奇小説シーンは、日本と日本人の深淵へ肉迫してゆく……平成時代に生まれた怪奇小説の名作佳品を、全三巻に精選収録するアンソロジー第二弾!
小川洋子「匂いの収集」
飯田茂実「一文物語集(244~255)」
鈴木光司「空に浮かぶ棺」
牧野修「グノーシス心中」
津原泰水「水牛群」
福澤徹三「厠牡丹」
川上弘美「海馬」
岩井志麻子「乞食(ほいと)柱」
朱川湊人「トカビの夜」
恩田陸「蛇と虹」
浅田次郎「お狐様の話」
森見登美彦「水神」
光原百合「帰去来の井戸」
綾辻行人「六山の夜」
我妻俊樹「歌舞伎」
勝山海百合「軍馬の帰還」
田辺青蛙「芙蓉蟹」
山白朝子「鳥とファフロッキーズ現象について」

created by Rinker
東京創元社
¥1,430 (2020/12/02 07:05:10時点 Amazon調べ-詳細)

この傑作をハードボイルド読書探偵局の二人が徹底的に調査しました。その活躍をどうぞお聴きください。すべて無料です。
iTuneで聴く場合はこちらから

平成怪奇小説傑作集2のポッドキャスト

created by Rinker
東京創元社
¥1,430 (2020/12/02 07:05:10時点 Amazon調べ-詳細)

こちらもおススメ

【ポッドキャスト】平成怪奇小説傑作集1

《2020年版》ここから始める推しアンソロジーたち 怪奇幻想、SF編

気にってもらえたら、B!またはシェアをどうぞよろしく